カラコンコレクター

カラコンコレクター

人気のカラコンで注意するべきこと

瞳の色を変えたり、大きく見せられるということで人気のカラコンですが、注意しないといけないことがあります。

かわいい・安い、視力がいい・視力に問題ないから同じ商品でいいということで眼科に行かずにネットで購入して、瞳にトラブルが起きてから眼科に駆け込むということも最近問題になっています。
そこでカラコンの注意点などを紹介します。
コンタクトレンズは高度医療機器として薬事法で規制されています。

めがね・度ありコンタクト着用者はもちろん、視力はいいけどカラコンをしてみたいという人も必ず眼科に診察に行き検査をしてください。
検査の結果カラコンをしてもいいという診断がおりても、必ず眼科に定期健診に行きましょう。
コンタクト初心者の方も、コンタクトはすでに慣れているという方でも必ず守って欲しいことがあります。

眼科医に言われたとおりの使用期間・時間を守りましょう。
異常を感じたらすぐにはずし眼科を受診してください。
装着時間・装着スケジュールをきちんと守ってください。
コンタクトは清潔な手でレンズを取り扱います。
正しいケア・衛生管理をすることにより、感染症などの眼障害を起こさずにすみます。
瞳が傷ついたことにより失明するということもあるので、眼科医の言うことをしっかりと守って正しく使いましょう。

カラコンを使用するときの注意

瞳の色を自由に変えたり、黒目を大きく見せることができるカラーコンタクトレンズが今大人気です。コスプレの時の必須アイテムですし、黒目を大きく見せるタイプのものは、目力を出してよい印象を与えるために就職活動で用いる人もいるようです。ディスカウントストアなどでも簡単に購入できるカラコンですが、使い方を注意しないと大変なことになります。

もともと、視力矯正用のコンタクトレンズは、医師の診断の元で定期健診が必要な立派な医療器具なのです。用途が違うだけでカラコンも同じです。目は人それぞれカーブが違い、合わないコンタクトをしていると目や身体の不調につながります。あなたのカラコンは自分の目に合ったものか、医師に診断してもらった人は少ないと思います。

そしてなにより問題なのは手入れの問題です。目の表面は湿度も温度も適度にあって菌が繁殖しやすい環境です。きちんとケアせず雑菌が繁殖したコンタクトが目の痛みや視力低下などを引き起こし、最悪の場合失明に陥る可能性もあるのです。

現在はカラコンを扱う眼科も増えています。そういった眼科を受診してコンタクトを選んで、定期健診も受けることが大切です。失った視力は取り返すことができないのですから。

recommend

高槻のインプラント歯科

2017/6/1 更新

ページのトップへ

Copy Right 2008 グッジョブリンク All Right Reserved